1. HOME
  2. 企業案内
  3. 品質保証

品質保証

QUALITY ASSURANCE

品質マネジメントシステム(ISO9001)

ISO9001マーク

 当社は、大阪本社・工場および福島工場においてISO9001認証を取得し、顧客ニーズに対して、世界基準の品質システムでお応えしています。

 平成11年12月:大阪本社・工場においてISO9001認証取得(登録番号:JQA-QM4161)

 平成15年5月:福島工場においてISO9001認証取得(登録番号:JQA-QM4161)

日本工業規格(JIS)表示認定

JISマーク

 JIS 規格の認証取得においては、その高い品質レベルを満足するために厳しい試験をクリアしたものだけ
がJIS マークを表示することができます。SANSHINは、お客様に安心して製品をご利用いただけるように、全ての形式バリエーションで試験を実施し、製品の品質確保に努めています。

JIS S 1039 書架・物品棚 認証番号:JQ0507080 【平成17年5月制定】
※ JIS S 1039は2015年5月に改正され、当社は最新版への移行審査に適合済です。

対象商品

  • 軽量ラック 120kgタイプ
  • 軽量ボルトレスラック 150kg
  • 軽中量ラック 200kgタイプ
  • 中量ラック 300kgタイプ
  • 中量ラック 500kgタイプ
  • 複柱書架
  • 単柱書架

Mグレード認定(福島工場)

Mグレードマーク

 確かな技術と厳格な管理体制のもとで加工・溶接・検査 を行う当社は国土交通大臣認定Mグレード認定工場です。Mグレード認定番号TFBM-120221 【平成24年4月認定】

当鉄骨溶接では、大臣認定のための工場性能評価が5つのグレードに区分されています。

Sグレード 全ての建築鉄骨溶接構造とする
Hグレード 鉄骨溶接構造の400N、490N及び510N級炭素鋼で板厚60mm以下の鋼材とする
Mグレード 鉄骨溶接構造の400N及び490N級炭素鋼で板厚40mm以下の鋼材とする
Rグレード 鉄骨溶接構造の5階以下の建築物(延べ床面積3,000m2以内、高さ20m以下)とする 400N及び490N級炭素鋼で板厚25mm以下の鋼材とする
Jグレード 鉄骨溶接構造の3階以下の建築物(延べ床面積500m2以内、高さ13m以下かつ軒高10m 以下)とする 400N級炭素鋼で板厚16mm以下の鋼材とする

各種試験

三進金属工業の製品は各種試験を経て、品質の確保がなされています。

静的荷重試験

製品の強度・構造・品質を検査 外観・寸法試験、棚受および棚板荷重試験、全荷重試験、水平荷重試験、塗膜密着試験、金属部防錆試験、塗装の厚さ試験の結果、いずれも異常・問題点は見当たらず、ラックの優れた強度・構造・品質が実証されました。

耐震試験(移動ラック)

震度7以上の揺れに相当する試験において、ラックは耐震・免震効果を発揮し、大きな破損、転倒・脱輪、収納物の落下は見られず、安全であることが実証されました。

走行試験(移動ラック)

製品の移動運動に対する耐久性を検査
移動ラックの棚部全てに負荷をかけ、往復走行を5万回以上行い、1万回ごとにレール・車輪・駆動部を検査。各部において異常は見当たらず、移動ラックの長期にわたる運動に対する耐久性が実証されました。

電磁環境試験(電動ラックのみ)

モータから生じる電磁波の影響を検査
妨害波・磁界強度の測定を行った結果、モータから生じる電磁波が環境に与える影響はほとんどなく、磁気テープやフロッピーディスクの収納、OA 機器付近での設置に問題がないことが実証されました。

 

地震対策

加振機

 三進金属工業では、人々の財産や生命を地震から守るため、ラックや床に数々の地震対策を施しています。「ラックの転倒防止」や「収納物の落下防止」等の対策を行うことにより、人命の安全を確保し、大切な情報・資産を地震の揺れから確実に守ることができます。また工場内に加振機などの試験設備を揃え、耐振・免震・制振に関わる各種製品の実地検証を行っています。

地震対策実例

  • パレットラック
  • 移動ラック・電動式パレットラック
  • 物品棚・書架