1. HOME
  2. 企業案内
  3. 品質保証
  4. 抗ウイルス粉体塗装

 みんなが使うから "安心の" 抗ウイルス粉体塗装

SIAA認定

塗料自体が抗ウイルス効果を発揮

 抗ウイルス粉体塗装は、ウイルス感染価が24時間後に99.9%減少することが確認されており、SIAAの認定を取得しました。
 塗料自体が抗ウイルス効果を発揮するため、製品を乾拭きするだけで長期にわたり効果が持続します。

サンプルサンプル

SIAA認定

抗ウイルス SIAAマークとは


SIAA

抗菌製品技術協議会が制定した抗ウイルスのマークです。次の基準を満たした製品にSIAAマークが表示されます。

①抗ウイルス性
②安全性
③適切な表示

抗ウイルス粉体塗装製品の効果

 環境に優しく、耐食性・耐候性に優れた粉体塗料に抗ウイルス剤(亜鉛系無機抗ウイルス剤)を配合。塗料自体が抗ウイルス効果を発揮するため、製品を乾拭きするだけで長期にわたり効果が持続し、表面に付着したウイルスを不活化(感染力を失わせること)します。

抗ウイルス 試験結果

 抗ウイルス粉体塗料を塗布した製品表面上のウイルス感染価が24時間後、99.9%減少したことが証明されています。

24時間後のウイルス感染価低減率

※ウイルス感染価とは…細胞感染性を持つウイルス粒子の数

試験条件

 

SANSHINの抗ウイルス製品

スチール製品に、抗ウイルス粉体塗装ができます。
※いずれも受注生産製品となります。

カラー

標準対応カラー 3色

 よく触れるからこそ、安心安全な抗ウイルス粉体塗装を!

お気楽にご相談ください。

抗ウイルス粉体塗装の特長

抗ウイルス作用が長期にわたって持続


特長

抗ウイルス性を示す亜鉛が骨格構造の内部に結合しています。水、溶剤などによって溶出することはほとんどなく、抗ウイルス作用は長期にわたって持続します。わずらわしいメンテンナンスは必要なく、製品表面をから拭きするだけで効果が持続します。
また、抗ウイルス粉体塗装は光を触媒せずウイルスを不活化できるため、薄暗い倉庫環境でも効果が衰えず安心です。

無機系で耐熱性・耐候性が抜群


特長

亜鉛系無機抗ウイルス剤により、ウイルスを不活化します。熱や環境変化によって性能が変わらず、温度差が激しい倉庫内でもその効果を充分に発揮します。

最高レベルの安全データ


特長

抗ウイルス剤は、飲み込んだときの有害性、長く触れたときの炎症、遺伝子への影響、皮膚アレルギーに対する安全性試験で合格しており、従来の有機素材に比べ、手荒れがありません。

カラーバリエーション


特長

サングレー・マイルドホワイト・マイルドブラックの3色をご用意。室内の雰囲気に合わせてお選びいただけます。

抗ウイルス剤:無機と有機の比較表

試験項目 無機抗ウイルス剤 有機抗ウイルス剤
① 抗ウイルス性 遅効性。
ウイルス効果を長期にわたり発揮。
即効性。
効果の発揮される種類が限定されるものが多い。
耐性ウイルスができ、効果が出なくなる場合もある。
② 耐熱性 焼付塗装(約200℃)でも分解・変質がなく、抗ウイルス性を発揮。 沸点・あるいは融点が低く、揮散しやすい。
③ 持続性 水・有機溶媒などによる溶出はなく、長期にわたり抗ウイルス性を発現。 水・熱などにより蒸発・分解を生じやすく、有効成分が減少し、効果が低下する。
 ④ 加工性 粉体形状で従来の顔料などと同様に扱える。
分散性に注意が必要。
加工時に熱がかかる方法では蒸発・分解のおそれがあり、注意が必要。
 ⑤ 安全性 亜鉛を有効成分としたものが大部分。安全性は高い。 抗ウイルス剤自体の毒性はない。分解物や揮発物等類縁物質について完全に安全を確認できていない。

抗ウイルス粉体塗装のメカニズム

STEP1

ウイルスの持つ「スパイクタンパク質」が細胞表面にあるタンパク質と結合(感染)し、増殖。人体に悪影響を及ぼします。

メカニズム

STEP2

抗ウイルス粉体塗装は、その成分により、ウイルスの構造を変化させることで感染力を奪い、不活化することができます。

メカニズム