1. HOME
  2. 企業案内
  3. 沿革

沿革

HISTORY

2022年

1月 物流ソリューション部が東心斎橋自社ビルに移転

2021年

9月 三重営業所開設
8月 全国健康保険協会より「健康宣言」企業として認定される
5月 サンシンスマイル株式会社が特例子会社に認定される
4月 福島第四工場竣工
2月 福島工場 LNGによる700KW発電のコージェネレーションシステム導入

2020年

7月 「イノベーション創出強化研究推進事業」応用研究ステージ開始
4月 大阪配送センタービルが津波避難ビルに指定(忠岡町)
1月 SANSHIN Thaiにて「中量ボルトレスラック」販売開始
1月 2020年チャレンジ目標
・敷地内全面禁煙
・健康診断結果要観察者への対応

2019年

11月 株式会社M式水耕研究所を子会社化
11月 スリム棚板ラック「スリムイーラックシリーズ」販売開始
10月 感震式落下防止バー「アップガード伸縮型」グッドデザイン賞受賞
5月 大阪支社新自社ビルに新事務所開設(大阪市中央区東心斎橋)

2018年

11月 SANSHIN Thai 新事務所開設(ショールーム付き ZIN Thai 協働オフィス)
10月 サイエンス事業部を独立事業部として組織改編
10月 「減震デッキ」グッドデザイン賞受賞
9月 旧京都支店・滋賀支店を統合し新京都支店発足(南区)
7月 SANSHIN Hanoi 設立
2月 東京支社足立配送センターを移転、関東DCとして開設

2017年

12月 経済産業省「地域未来牽引企業」に選定される
12月 本社第二工場開設
10月 ハーディフロアG「フルフラット」グッドデザイン賞受賞
10月 SG販社(北海道ハーディ株式会社)を合併、北海道支社として開設
9月 サンシン夢ファーム株式会社設立

2016年

12月 戦略的基盤研究センター開設
10月 SANSHIN Thai 設立
9月 沖縄出張所移転、沖縄営業所として開設
2月 第3回「いきもの共生事業所」認証取得(福島工場)

2015年

11月 泉大津税務署より優良申告法人の表敬を受ける

2014年

11月

三進煙石コミュニティセンター「緑正館」開所式典を挙行

4月 福島工場が「緑化推進運動功労者内閣総理大臣表彰」を受賞

2013年

10月 創業50周年ならびに第3工場竣工記念式典を福島工場で挙行
4月 福島県川内村に川内高原農産物栽培工場が竣工
2月

第4回太陽光発電システム施工展にソーラー架台「ソルステージ」他を出展

1月

大阪大学指導の下、鹿島建設(株)技術研究所において、兵庫県南部地震と東北地方太平洋沖地震の再現波を用いてスチール製フレームシステム「トリコフレーム」とハンドル式書架「シャトルナビ(耐震仕様)」の加振試験を実施し、安全性を確認。

2012年

1月 本社第二倉庫開設

2011年

7月 大阪大学と産学連携研究、「理想的科学研究室環境整備に関わる共同研究」を開始
4月 大阪府立大学と共同研究、「植物工場研究プロジェクト」に参画
1月 移動ラックシリーズALL粉体塗装化(全10色)

2010年

11月 プライバシーマーク認証:20001520(01)
9月 分析展2010・科学機器展出展/幕張メッセ(9月1日~3日)
6月 大阪支社尼崎営業所支社統合

2009年

11月 大阪支社福岡事業所開設/福岡県福岡市
10月 平成21年度緑化優良等経済大臣賞受賞(福島工場)
8月 第5回泉州ビジネスプラン大賞優秀賞受賞(オールスチール実験台ウィングシステム/岸和田商工会議所)
4月 中部支社名古屋事業所開設/名古屋市中区

2008年

11月 泉大津税務署より優良申告法人の表敬を受ける(30年間、6回連続)
10月 福島第二工場竣工。広さ6600平方メートルを誇る溶接専用工場で、ラックメーカー初となる高さ30mの実験棟を併設。主要製品の粉体塗装対応の開始対応商品(軽量棚・軽中量棚・セミボルトレス・イチゴラック)
沖縄出張所開設
尼崎出張所開設
4月 大分営業所移転
一部商品にエコマーク認定取得

2007年

12月 新JIS規格の認定を受ける(書架・軽量ラック・軽中量ラック・中量ラック)
10月 「ウィングシステム」が(財)日本産業デザイン振興会主催の2007年グッドデザイン賞を受賞
全日本科学機器in大阪2007に出展
南関東営業所開設
5月 本社工場塗装ラインに粉体塗装設備納入
本社工場にボックスビームラインを新設
1月 最新の実験・研究設備を実際にご覧いただける東京ショールーム開設
三河営業所 開設
福島工場がMグレード認定工場に認定される

2006年

4月 ライブストレージが(財)りそな中小企業振興財団の主催する第18回中小企業優秀新技術・新製品賞」奨励賞を受賞する

2004年

10月 社長交代式典を岸和田浪切ホールにて挙行
創業40周年記念コンサート開催
会長、社長就任披露をスイスホテル南海波華会場にて挙行
NEWロゴ発表
4月 SG販社((株)タクマ)を合併

2003年

10月 「スライドハンドル式移動ラック シャトルナビシリーズ(シャトルナビ・ノンレールシャトルナビ)」が、日本産業デザイン振興会のグッドデザイン賞受賞
9月 横浜営業所を東京支社へ統合
北関東営業所、郡山営業所 開設
5月 福島工場においてISO9001認定取得
本社、福島工場認証(JQA-QM4161)

2002年

10月 SG販社(扶桑(株))を合併。PF事業部として開設
SE事業部 開設
(財)日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞受賞
「電動式移動ラック セミオート」
9月 福島工場が(財)日本緑化センターより緑化優良工場として表彰を受ける
8月 京都支店、群馬営業所 開設
SG販社2社((株)福島ハーディ)を合併
郡山支店、新潟営業所 開設
2月 本社総合配送センターに「コージェネレーションシステム」を設置
福島工場においてISO14001認定

2001年

10月 「電動式移動ラック セミオート」が、(財)日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞受賞
8月 SG販社2社((株)福島ハーディ)を合併
郡山支店、新潟営業所 開設
6月 SG販社2社(アイチハーディ(株)、東京三進流通センター(株))を合併
中部支社、北陸支店、滋賀支店、長野営業所開設
一級建築士事務所 開設(福岡県知事登録 第1-40171号)
4月 福島工場 竣工
2月 本社においてISO14001認証取得(登録番号:JQA-EM1339)

2000年

10月 「アルミ製ノンスルーフロア」が、(財)日本産業デザイン振興会 グッドデザイン賞受賞
8月 ISO9001認証取得対象商品の追加
パレットラック、移動ラックが追加
5月 大阪ハーディ(株)・ハーディシステム(株)・三進金属工業(株)合併
大阪支社及び姫路支店発足
資本金3,769万円
4月 福島新工場起工

1999年

9月 (株)ハーディ・ハーディロジメント(株)・三進金属工業(株)合併
新生「三進金属工業(株)」スタート
資本金3749万円
6月 (株)ハーディ・九州ハーディ(株)合併 新生「(株) ハーディ」スタート
(株)ハーディクリエイトSG共栄会に加入

1996年

3月 福島支店、名古屋支店、広島支店、福岡支店開設

1994年

9月 「デジタルピッキングシステム」開発
「店舗什器」発売
特定建設業に認可される(建築工事業・鋼構造物工事業)
<認可番号:建設大臣許可(特-6)第15881号>
一般建設業に認可される(機械器具設置工事業)
<認可番号:建設大臣許可(特-6)第15881号>

1993年

11月 マスコットキャラクター「ラックちゃん」誕生
9月 「電動式パレットラック冷凍仕様」を施工(総パレット数約10000枚)
7月 兵庫営業所開設
4月 東京都台東区蔵前2丁目に東京支店自社ビル新設

1992年

12月 大阪営業所、福岡営業所開設
社内情報システム"SANTIS"が稼働

1991年

12月 建設大臣認定取得(一層二段自走式立体駐車場)
建設省阪住指発第296号
建設省阪住指発第73号
11月 郡山第三工場新設
9月 北海道苫小牧市字柏原6丁目に北海道物流機器(株)(現、北海道支店)自社社屋新設
8月 仙台市宮城野区中野字葦畔3丁目に東北ハーディ(株)(現、東北支店)自社社屋新設
7月 大阪府泉北郡忠岡町新浜1丁目に総合配送センター、新社屋(事務所棟)完成
5月 福岡県太宰府市水城6丁目に九州ハーディ(株)(現、九州支社)自社社屋新設
1月 郡山第二工場新設

1990年

3月 マスコットキャラクター「ハーディくん」誕生
1月 商標HARDY RACK取得

1989年

11月 福島県郡山市に郡山第一工場新設

1988年

9月 愛知県小牧市常普請1丁目に愛知物流機器(株)(現、中部支社)自社社屋新設

1987年

10月 資本金3600万円に増資

1986年

11月 優良申告法人となる
9月 一般建設業取得(許可番号大阪府知事 一般61第73065号
8月 鋼製物品棚(JIS S 1040)の日本工業規格表示認定工場となる(認定番号 第586041号)

1985年

11月 SG共栄会17社にて発足
6月 鋼製書架(JIS S 1039)の日本工業規格表示認定工場となる(認定番号 第585010号)

1983年

11月 大阪府泉北郡忠岡町新浜1丁目に本社ビル(4階建)完成
10月 大阪府泉北郡忠岡町新浜1丁目に総合配送センター及び塗装工場を新設

1982年

  「パレットラック」発売

1980年

3月 進明金属工業と合併、大阪府泉北郡忠岡町新浜2丁目に本社工場を新設、大阪市内3工場、奈良市内1工場と分散した4工場、移転統合、生産の合理化を図る

1977年

3月 第三工場にスチール棚板製造自動ライン(自動2号ライン)を増設、規格品の本格的な量産体制を完成

1972年

9月 大阪市西成区南津守2丁目に第三工場増設、自社開発のスチール棚板製造自動ラインを新設、省力化を図る

1971年

9月 資本金1000万円に増資

1970年

10月 大阪市西成区南津守6丁目に第二工場増設、シャーリング部門の強化を図る

1967年

4月 大阪市西成区南津守6丁目に工場新設移転、『独自のプレスラインシステム』を開発、スチール棚板製造販売の専業化を図る法人に改組、三進金属工業株式会社を設立
資本金100万円

1965年

6月 大阪市東住吉区桑津町2丁目にて工場新設、スチール棚板製造を開始

1964年

11月 大阪市西成区梅南通3丁目にて三進金属を創業
シャーリング加工、鋼材販売を開始