HOME > HARDY STR > フロンティア事業 > 植物工場システム

植物工場システム

フロンティア事業シリーズ

SANSHIN植物工場システムソリューション

さらに進化する植物工場。トータルサービスで植物工場をサポートします。

多段栽培技術だけでなく、栽培環境の制御による安定した収量、品種に対する最適な栽培環境の研究、ICTを活用した遠隔監視・制御システム。誰でも、どこでも。様々なおいしい野菜をたくさん収穫でき、豊かな暮らしを支える植物工場システムを目指して…。SANSHINはお客様にとって最適な解決策を常に提案します。

 

neoplanta_system_01.jpg

 

計画・設計・施工 栽培設備・資材 アフターフォロー 研究・実証
       

生産計画・運営・収益性を見据えた最適な提案を行い、自社で責任を持って設計・施工を行います。

様々な生産規模や運用方法に最適な栽培システムを自社で開発。目的に応じて様々なバリエーションから製品をお選びいただけます。また、栽培に関する専門の資材も取り揃えており、必要なものがいつでも揃います。

設置後の栽培指導体制も万全。水耕栽培のノウハウを丁寧に指導することでおいしい野菜が確実に栽培できるようになります。

産学官連携プロジェクトに参画して最先端の技術開発に寄与し、製品に取り入れています。また、福島工場の栽培実証プラントにより栽培実証を行い、最適な栽培環境の研究や新たな品種の栽培に取り組んでいます。

       
neoplanta_system_02.jpg 
 
 

ネオプランタ(植物工場)

ネオプランタ三進とM式水耕研究所  

特長

1.スチールラックNo.1メーカーによる最適な多段栽培ラックシステムの提供

保管効率を追求して半世紀。スチールラックNo.1 メーカーのSAHSHINが高収量と使いやすさを追求した独自の植物工場専 用栽培ラックを開発。養液によるラックのサビにも安心です。また施工期間も短く、大規模工場建設もお任せください。

 

2.水耕栽培システムのパイオニアによる技術フォロー

“生き物”である植物栽培には品種・環境・養液等の様々な条件をコントロールする経験が必要となります。独自の栽培技術を持つ㈱M式水耕研究所と提携し、豊富な経験で安全・安心・おいしい野菜を安定して供給できる栽培システムを提供します。栽培指導や種子・栽培資材の販売などアフターフォローも万全です。

     
ネオプランタ基本イメージ
     
 
 

遠隔監視・遠隔制御システム

遠隔監視システム  

用途

「植物工場を建設したいが、栽培 ノウハウがなく、いつでもすぐにアドバイスが受けられるか不安」、「複数の植物工場を管理する際に各工場の栽培状況をタイムリー に把握したい」といったお客様のご要望にお応えすべく、植物工場の栽培状況が離れた場所から把握でき、栽培指導や栽培環境制御を迅速に行える遠隔監視・遠隔制御システムです。

 

特長

1.栽培状況画像による遠隔監視

ズームカメラにより栽培室全体の 状況から植物の生育まで遠隔から観察できます。

 

2.栽培環境状況の遠隔制御

栽培環境データやログを見ながら遠隔監視・制御用PCから栽培環境を調整・変更することができます。

 

3.栽培環境データの遠隔監視

栽培コントローラに集約される栽培環境データ(養液濃度・液温・温湿度・CO2濃度)を遠隔監視・ 制御用PCにて確認できます。

 

4.タブレット端末による打ち合わせ

タブレット端末により「栽培室—管理事務所」「栽培室—サポートセンター」と栽培状況を確認しながらWEB会議ができます。

     
 
 

ネオプランタmini(コンパクト栽培ラック)

ネオプランタミニ  

特長

1.スマートなデザイン

栽培面が広く見渡せるスマートなデザインにより、栽培しやすく設置場所の雰囲気を損ないません。

 

2.本格的な栽培システム

栽培方式をはじめ、養液の成分や温度、LED 照明など植物の生育を重視した本格的な栽培システムです。

 

3.使いやすさ

初めての方でも栽培できる使いやすい機能を備えています。

 

4.スピード設置

ユニット化されているのでエレベータのない建物でも搬入可能。組立・設置作業もスピーディに行えます。