三進金属工業株式会社様

  1. HOME
  2. 採用情報
  3. 仕事について
  4. 社員紹介

社員紹介

STAFF

技術職 ※個人情報に配慮し、名前はイニシャル表記にしています。

坪田憲史

入社理由

大学ではロボットのピンチング動作の特性や力の伝わり方を研究していました。ものづくりが好きで、就職活動をしながら自分がやりたいことを探していた時、三進金属工業の面接で、私の興味をうまく引き出してくれたうえで「技術営業をやってみるのも、面白いよ」と、進路の方向性についてアドバイスをもらいました。そのひと言で「この会社なら、自分がもっと成長できるのでは」と入社を決めました。その後、技術営業ではなく設計ひと筋ですが、成長できる環境であることに間違いはなかったですね。

仕事内容とやりがい

仕様や見積り、
生産指示を的確に仕分けする、
大切なプロセス。

設計課は、製品図面を書くことが仕事と思われがちですが、私はそれ以外の2つの仕事を任されています。
一つは、営業から依頼を受ける製品仕様や見積もりへの対応、梱包の荷姿や価格の決定です。もう一つは受注決定後に、図面や具体的な入力データで生産管理に対する生産指示を出すこと。
自社工場で、本当に製造できるものか。新たに図面を書き起こす必要があるのか、それとも標準規格品のままで対応できるのか。仕様決定から見積もり、製造の確認など、一つずつ細かく仕分けしていきます。
営業とコミュニケーションを図る機会が多く、私が思い描いていることをいかに伝わるように話すか、また同時に相手の意図を的確に汲み取るか、難しい部分も多いですね。それでも、新規製品の打ち合わせなどにも参加して、つくりやすさや施工性のバランスも考えながら、ものづくりの方向性を決めていく大切なプロセスを任されるのは、やりがいがあります。
営業から「あのお客様、こんなにうまくいってますよ」と納入ラックの写真を見せてもらうのを、実はとても楽しみにしています。

仕事内のインタビュー

印象に残っているエピソード

東日本大震災の緊急対応も、
一つずつ丁寧に問題を解決。

大型物件はどれも印象に残っていますが、特に入社1年目に任されて無事に納品できた案件は忘れられない想い出ですね。経験もなく慣れていないことで不安だらけで、先輩に相談しながら進めていましたが、ただでさえ製造する数が多いのに、途中で急なオプション変更が生じ、工場の製造担当と何度も仕分けを検討し直しました。
また3年目の時、工場も大阪・福島の2拠点体制で製造する予定が、東日本大震災の発生で福島工場がすぐには稼働できなくなり急遽、大阪工場への振り替えを考え、実行しました。納期を含めお客様とも何度もやりとりを重ねて本当に大変でしたが、難しそうに思えることも一つずつ、丁寧に問題を解決していくことができるんだ、と自信になりました。何よりも、その解決プロセスにも楽しさと充実感があるんだな、と実感できましたね。

エピソード

Space Controlersとは?

見たことのないカタチを作る喜び。

オーダーメイドの特殊な図面で、これまでに見たことのない製品を試作できることですね。図面を見ればほぼ、実際の形状や納まりもわかるんですが、やはり実際にカタチに出来上がって「お客様の空間に、こんな風に納まるのか!」という学びと喜びがあります。そうやって一つひとつ積み重ねた実感が、この言葉に詰まっています。

三進らしさとは?

「聞かれることはwelcome」な風土。

社内はどの部署でも何でも話せる人ばかりで、誰もが「聞かれることは、welcome」という感じの社風が根づいているところでしょうね。この恵まれた職場環境が三進金属工業の成長の原動力ですし、後輩たちにも受け継いでいきたい、大切な文化であり風土だと思っています。

MESSAGE

自分に誠実に、強い意志で挑戦し続けていこう。

何でも気さくに語り合える社風ですが、決してなあなあではなく、時には厳しい指摘も飛び交います。でもそれは、それだけ仕事に対して強い想いを持っていることの証です。お客様にも、自分自身にも、いつも誠実に向き合い、努力して成長し続けていきたいですね。
私もそうでしたが、学生時代には不安も期待も、どっちもあって当たり前。でも「自分はこうしたい」という強い意思があれば、どんな仕事にも挑戦していけます。特に三進金属工業は、そんな人を求めている会社ですよ。

メッセージ

CONTACT

お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

072-436-0251

受付時間 9:30~17:30(土日・祝日除く)

webからのお問い合わせ