HOME > HARDY SCIENCE > 実験台・試薬棚

排気機能付き実験台システム(ER型サッシレス排気実験台)

ERrestraintbench.jpgairflow_image01.png  

用途

前面サッシレスによる次世代排気実験台

研究者の安全を守る革新的実験台
「有機則」「特化則」にて規制されない実験環境においても実験災害を徹底的に排除し、研究者の安全を最優先に考えた環境を構築します。使いやすさをそのままに、確実な排気性能により研究者の安全を守る次世代型の実験台です。

 

特長

1.前面サッシレスでフルオープンな実験スペースを実現

有害な蒸気や粉塵を閉じ込めるための前面サッシを取り払い、フルオープンな実験スペースを実現。開放的かつ快適な作業空間を提供します。

 

2.高い視認性を実現

作業面に向かった際に視界を遮る部材が少なく視認性は約9 割確保。一般的なヒュームフードや実験台フードと比較しても高い視認性を実現しています。

 

3.高い省エネ性能を実現

封じ込めに必要な排気風量は、通常のヒュームフードの60 ~ 75%程度の風量であり、使用時における省エネ効果が期待できます。

 

4.室内空気汚染のない開放的な作業環境を実現

ワンユニット最大W3600mm までの開口面が確保でき、従来のヒュームフードでは困難であったオープンカラムなどの作業や、液体クロマトグラフィー等の有機溶剤を使う機器の設置にも適しています。

     
 
 

ラボラトリーベンチシステム

実験台・試薬棚 選べる3つのシステムシリーズ

  • スチールラボシステム
  • フレームラボシステム
  • クラシカルラボシステム
 
三進金属工業の実験台・試薬棚には3つのシステムシリーズがラインナップされています。スチール製、木製、木金混合のフレーム型の3つのシリーズです。

なかでもスチール製実験台「スチール ラボシステム」は新しい時代の実験台です。
スチールが持つ頑強な強度と高い安全性。そして仕上げは粉体塗装。耐薬性とシックハウス症候群の原因になるVOCを放散しない環境性に優れています。
脚やフレーム、引出し、キャビネット、ラックがそれぞれユニットになっていて、使用による破損や経年変化による部品の老朽化が進んだ場合、そのパーツユニットだけを交換することが可能です。
しかも天板の表面材のみの交換さえ可能です。
リサイクル性も抜群で分離廃棄に対応しています。

もちろんオーソドックスなフレーム実験台「フレーム ラボシステム」、木製実験台「クラシカル ラボシステム」も用意されています。
 
steellab_main01.jpg

製品ラインナップ

steellab_01.jpg  
スチール ラボシステム
 
主な構造にスチールを使用した強い構造と環境性に優れた実験台システムです。
スチールならではの特長が、ラボファニチャーのイメージを変えます。
  framelab_01.jpg  
フレーム ラボシステム
 
実験台の下部にある広い空間を利用し、フレキシブルに対応できる実験台です。
classicallab_01.jpg  
クラシカル ラボシステム
 
スタンダードな木製実験台です。