HOME > ソリューション > 地震のための品質試験

品質保証への取り組み

bousai_sub_ttl.jpg

地震に対する製品の品質を実証するため、様々な企業や研究機関と連携して加振試験を行っています。
※震度6 以上の揺れを想定した試験を行っていますが、震度のほか地震の波形や震源からの距離、地盤や設置条件等によって揺れ方が大きく異なりますので全ての設置・使用状況での転倒防止・免震性を保証するものではありません。

複合加振試験

大阪大学の山本教授に協力いただき、1995年兵庫県南部地震と2011年東北地方太平洋沖地震の再現波を用いてスチール製フレームシステム「トリコフレーム」とハンドル式書架「シャトルナビ(耐震仕様)」の加振試験を実施。過去の大地震クラスの揺れに対しても十分な製品の耐震性・免震性が確保されていることが実証されました。

試験場所: 鹿島建設株式会社・技術研究所・西調布実験場
試験設備: 高性能三次元振動台(3軸6自由度)
地震波: ①1995年兵庫県南部地震の神戸海洋気象台
観測波(以下、神戸波)
②2011年東北地方太平洋沖地震のK-NET
仙台波(以下、仙台波)
 
実験指導: 国立大学法人大阪大学 安全衛生管理部 副部長 理学博士 山本 仁 教授
実験企画: 大阪大学、三進金属工業株式会社
複合加振試験
 
 
 
高性能3次元震動台
 
高性能3次元震動台

【試験体仕様】 試験体設置状況

トリコフレーム トリコフレームH2950×W3010×D3010
スチール製実験台・実験台フード/スチール製ヒュームフード/ステンレス製薬品庫 設置
天井部に1000kgウェイト載荷
シャトルナビ H2300×W900×D420×7段 単式移動×1台 全段40kgウェイト載荷
H2300×W900×D240×7段 複式移動×2台 全段40kgウェイト載荷
上部転倒防止装置/下部転倒防止金具※/書架下部幕板※/回転式落下防止バー※
試験体設置状況   試験体設置状況   試験体設置状況   試験体設置状況
【神戸波100%加振】 単位:gal
 
  X方向 Y方向 Z方向
入力加速度 619 820 333
テーブル加速度 333 803 803
試験結果
 
直下型地震の特徴である上下方向の強い振動に対する、構成部材接合部の強度 を確認しました。トリコフレームは上部に1000kgのウエイト負荷をかけま したが、フレームの柱の座屈や横ビームの外れ、また、固定した実験台やヒュー ムフードの移動なども無く、フレームの高い耐震性が確認できました。また、 シャトルナビに関しても車輪構造による免震性が書架本体へ伝わる揺れを大幅 に軽減したため、支柱の傾きや構造部の破損は見られませんでした。
  加速度時刻歴波形
【仙台波100%加振】 単位:gal
 
  X方向 Y方向 Z方向
入力加速度 987 1519 299
テーブル加速度 1102 1445 301
東日本大震災では、実験室に置かれた中央実験台のような重量物が大きく移動東日本大震災では、実験室に置かれた中央実験台のような重量物が大きく移動し、トリコフレームは上部に積載した1000kgウエイトの影響からフレームし、トリコフレームは上部に積載した1000kgウエイトの影響からフレームし、トリコフレームは上部に積載した1000kgウエイトの影響からフレームし、トリコフレームは上部に積載した1000kgウエイトの影響からフレーム外れ、移動することはありませんでした。また、それらの設備のガラスが破砕することもありませんでした。地震時に重量物が移動することによって被災する危険性を可能な限り低くするというコンセプトを実証することができました。また、シャトルナビに関しても書架本体へ伝わる揺れを大幅に軽減したため、背面パネルや後パネルの一部にビスの破損による外れが見られたものの、め、背面パネルや後パネルの一部にビスの破損による外れが見られたものの、
  加速度時刻歴波形

加振試験状況

加振前
 
加振前
高性能3次元震動台
 
最大加速度時(ピーク1)
   
最大加速度時(ピーク2)
 
最大加速度時(ピーク2)
加振後
 
加振後

免震試験

試験方法
 
地震に対する移動棚の免震機構を確認するため、NTT武蔵野研究開発センター内の3次元振動台にて、兵庫県南部地震波形(神戸波)1000galを再現。振動実験を行いました。
 
試験結果
 
兵庫県南部地震波形(神戸波)を再現。入力加速度X軸方向1000gal、Y軸方向500gal、Z軸方向500gal(震度6の揺れに相当)の試験においても、 ラックは転倒防止・免震効果を発揮し、転倒・脱輪・破損は見られませんでした。 ※震度の表記は1996年の気象庁震度階改正に基づきます。
  免震試験
最大加振 単位:gal
 
加振波名 加振波名
X方向 Y方向 Z方向
神戸波 1000 500 500
※神戸海洋気象台で観測された地動記録波
 
ハンドル式移動棚
電動式移動棚
固定棚
感震式落下防止装置付/集束機能/
ロック解除装置/エンド緩衝装置
 
  免震試験
※写真は旧機種による実験風景です。このカタログに掲載されている最新機種はこれらの旧機種の基本性能を踏襲しています。

jishintaisaku_button.jpg