HOME > HARDY STR > フロンティア事業 > ソーラー架台システム

ソーラー架台システム

フロンティア事業シリーズ

ソーラー架台システム ソルステージ (地上設置型/陸屋根型)

 
用途
 

今、クリーンなエネルギーとして注目を浴びている太陽光発電。それを文字通り支えているのがソーラー架台です。SANSHINでは、耐久性・機能性に優れたソーラーパネル専用の設置架台を開発。

メガソーラー発電にも対応できる地上設置型、軽量で屋上設置に最適な陸屋根設置型と、設置条件に合ったソーラー架台をご用意しています。

 
特長
 

1.軽量で強度も抜群

ロールフォーミング技術による独自の部材を使用。工夫された断面形状で強度の確保と軽量化を両立させています。

 

2.様々なソーラーパネルに対応

列数や段数、仰角などのパネルの設置条件はもちろん、各メーカーによって異なるパネルの形状に対応します。

 

3.ローコスト&ハイパフォーマンス

一貫生産ラインによる製造システムにより従来より約25%の納期短縮が可能になりました。また大量生産により製品コストを低減します。

 

4.サビに強い

高い耐食性をもつ溶融めっき鋼板を採用。更に高耐候性粉体塗装を施すことで周囲の景観との調和と抜群の耐久性を実現します。

     

 様々な条件に合わせ最適な架台を設計いたします

     
solar_figure01.jpg    風圧荷重や積雪荷重、地震荷重に耐える強度の架台を条件に応じ設計します。条件に合わせて架台の構造設計を行いますので、様々な環境で安心してご使用いただけます。

設計手順  
提示いただいた施工条件に基づき最適な設計を行います。
 
施工条件の確認 ●設置場所 ●基礎ピッチ
●傾斜角度 ●使用モジュール
設   計 ●基本構造図の作成
●荷重条件の設定
●各部材の強度検討 
設計条件によるお見積り

 

     
 〔耐風圧性能〕    〔耐震性能〕    〔耐積雪性能〕
solar_figure02.jpg     solar_figure03.jpg   solar_figure04.jpg 
設置場所の高さ、周辺の地形・地物に合わせ風圧荷重(正圧・負圧)を計算し、最適な部材の選定・設計を行います。    横揺れ、ねじれを計算した架台の構造計算を行います。    積雪の多い地域では雪の重量、落雪・除雪を考慮したパネル傾斜角、雪による埋没を考慮した架台高さを提案します。