HOME > 企業案内 > 社長インタビュー

企業情報

 

棚板作りの日本一を目指して

三進金属工業株式会社の強みはなんですか?

棚板作りにおいては自分たちはNo.1だということを目指してきた事。これが一番の原動力になっていますね。

 

昭和55年、津守の150坪の工場からこの忠岡の2000坪の工場へ移ってきて、 北は北海道苫小牧から、南は九州、沖縄まで、全国20数箇所の販売拠点を持ってやれるようになり、 それから東の生産拠点ということで、福島工場を平成元年に新設しました。 この45年間、棚板作りについては、日本一になろうという事を目指してきたと言っても過言ではありません。

また、 お客様と取り決めした約束と言うのは絶対守るということも強みのひとつですね。我々は 倉庫をより有効に利用するのにどういう保管設備機器を入れたら安くて有効な使い方ができるかをお客様に提案します。言わばコンサルティングです。 棚板一枚、二枚から倉庫の中の物流機器を全部トータル的に提供出来て、なおかつ工事もして納期も必ず守るという事が全国津々浦々で出来るという事、それは三進金属の一番の強みですね。

 

また、SGの販売網を使ってメンテナンスの対応も迅速に出来ます。三進に頼んでたら故障してもすぐ直してくれる、ということが信頼、信用になっています。

まじめに地道にやってきて頂いている同志

三進金属工業株式会社の社員についてお聞かせください。

10名くらいからスタートして現在450名くらい、 協力販社さんも入れると、600名くらいの社員となります。棚板一枚、仕切板一枚をみんなが心をこめて、お客様に届けて、お客様に三進の対価として買ってもらう。それをまじめに地道にやってきて頂いている同志。この直近の1年はものすごく厳しい年で、この44年の中でも最も厳しかったと言っても過言ではありません。

 

その中で、なんとか一円黒字を目指してとスローガンに掲げている「百年企業」、これを実行するために、今期(2009年)は赤字は出さないという決意で臨みましょうということで展開をしていきました。過去に例の無い厳しい対応を全社員、役員に理解をしてもらいました。この43期なんとか黒字になったのは、本当に製販一体で、役員も社員も一体となってこの不況を乗り越えた為と、本当に頼もしく思う次第です。

明日に夢がある時代

社長は入社した時、どのような社員だったんですか?

入社したのは昭和60年の6月です。 大学を卒業して、当時一番の得意先のライオン事務器さんのところに修行に行け、と会長に言われました。ライオン事務器さんは 文具・事務器を販売している会社で、その中で、自社のラックを売ってもらっていました。そこで営業の勉強をさせて頂きました。

 

そこから戻ってきて、工場に入りました。その頃の世の中は活気に溢れていて、そんなに景気は良くなかったけど、なんとかなるという自信がありました。今は世の中先がないという風潮になっていますが、その当時はまだ先がある、明日に夢がある時代でした。そういうことも反映して、会社としては活気のある時でした。

 

その中で、まずは工場を分かっておかなければいけないということで、1年間各ラインをずっと回りました。シャーリングラインからアングルライン、ブレーキライン、自動棚板ライン、塗装ライン、全部のラインを回って、現場の人たちとのコミュニケーションを作っていきました。

 

工場は暑くて、特に夏場はサウナに入ってるような感じで、しかも一日中立ちっぱなし。 本当に大変で、その時に友達に愚痴のような手紙を書いた記憶があります。こんなに大変なんだと。 しかし自分の会社に戻る事に対しての意気込みは前々から持っていて、やる気に溢れていました。

 

そういう面ではある意味非常に楽しかった時期です。今みたいに色々な心配事もしなくていいので…。
今はもうゴミ拾いから資金繰りまで全部心配しないとだめで。(笑)

 

「百年企業」に込められた3つの思い

「百年企業」というスローガンに込められた思いについてお聞かせ下さい。

会長の時代からスローガンを掲げるようになり、今年のテーマとか指針を表そうと言うことで「一歩前へ」、「品質は企業の命なり」、あとは「一心不乱」、苦しかったときは「生き残り」とか、その時その時の時代に応じて、その年のスローガンを決めています。私の時代になって初めて三年間連続のスローガンということで「百年企業」と言うことを掲げました。

 

この「百年企業」と言うところの思いとして3つあります。1つ目は少々の不景気風が吹いても、しっかりと収益を確保できる企業でありたいという事、2つ目はお客様に安心安全、信用信頼を得る事が出来、私たちの商品に対して永久に保証することの出来る企業でありたいという事、3つ目は世代交代をしっかりとできる企業でありたいという事です。この三つの思いをこめて、「百年企業」という風に定めました。「夢をかなえるために」というサブタイトルをつけたらみんな喜んで、これがいいということになったんです。そんな思いがこめられたスローガンです。

お客様から選ばれる企業でありたい

社長の座右の銘は何ですか?

「信頼・信用」「お客様から選ばれる企業でありたい」ということですね。時代は常に変化していきます。アングル棚のような変わらない商品を作らせてもらってるという点はいいんですが、価格とか、お客様に提供する体制とか、組み立てとか、そういうのは毎年毎年変わっていきます。会社も変わっていきますよね。

 

昔よく「運賃のない会社」だと言ってました。要は、材料屋さんも材料を持ってきてくれるし、売ったお得意先が取りに来るんですね。それだけ安い値段で売ってたということです。だから効率がよかった。ただそれは売り上げが十億くらいまでの話ですから、そこから二十億三十億と売り上げが伸びていく中でいろんな品種も増えますし、大手のお客様になってくるとなかなかそうはいかない。そういう面では、時代の変化に対応していくということに常にチャレンジをしていかないといけないなと思っています。